≪圧倒的高価買取≫BMWのパーツの買取は外車パーツ王へ

BMW 5シリーズ E60に装着される「イカリング」についてご紹介!どんな役割がある?

BMWの象徴といえばキドニーグリルと通称イカリングと呼ばれるエンジェルアイがBMWのアイコンです。BMW E60にもエンジェルアイが輝くのですが、ノーマル状態の場合はハロゲンライト(肌色の電球)によってエンジェルアイが灯火されます。ヘッドライトユニットを縁取るように光るエンジェルアイは夜間でもBMWらしさを演出する重要な要素です。

BMW E60のイカリングの役割とは?

BMWの象徴のひとつであるイカリングは、ポジショニングライトの役割があります。夕方の暗くなりはじめた頃に自車の存在をアピールするために点灯するライトです。E60のイカリングは左右に2つずつのイカリングか装着されているため遠くからでもBMWであることが認識できます。
ポジショニングライトがブランドの象徴になっているのですね。

ホシ君

ビーエム先生

そうですね。イカリングがあってこそのBMWです。

BMW E60のイカリングは球切れに注意!

BMW E60に装着されているイカリングの点灯方法はハロゲンライトによる点灯方式がとられているため球切れに乗ることがあります。左右2つずつあるイカリングの1つだけ消えてしまったりすることもあるため球切れをしたらバルブ交換をしなければなりません。
ハロゲンは球切れまでの寿命が短いときもあるみたいなので要注意ですね。

ホシ君

ビーエム先生

球切れの心配が少ないバルブに交換するオーナーもいるようです。

まとめ

ポジショニングライトの役割を持つイカリング。このイカリングの正式名称はエンジェルアイでありエンジェルアイがBMWのブランドを象徴するアイコンのひとつにまでなっています。輪郭のはっきりしているエンジェルアイは視認性が良く周りから認知されやすいため安全性にも結びついています。