≪圧倒的高価買取≫BMWのパーツの買取は外車パーツ王へ

BMW 5シリーズ E60のイグニッションコイルについて解説!不調になるサインとは?

エンジンを動かすために必要な重要パーツイグニションコイル。BMW E60だけに限らず、どのクルマでもいつかはイグニションコイルの交換をしなければならないときがきます。エンジンの警告灯が点灯したりアイドリングが不安定だったり、エンジンの吹けが良くないときにはイグニションコイルが原因のときもあるようです。

そもそもイグニションコイルって何?

そもそもイグニションコイルとは、クルマに搭載されている12Vバッテリーの電圧を30,000V程度まで引き上げる電圧変換の役割があります。これほどにまで高い電圧にしなければ、スパークプラグの点火やエンジンの爆発現象を引き起こすことができないため、エンジンを動かす上でも重要なパーツなのです。
BMW E60のスムーズなエンジン回転を影で支えている重要なパーツですね。

ホシ君

ビーエム先生

イグニションコイルは長い目で見れば消耗品なのでエンジンの不調などがあったら整備工場やディーラーに相談すると良いでしょう。

こんな時はイグニションコイル不調のサイン!

BMW E60のイグニションコイルが不調になるとどのような症状が現れるのでしょうか。BMW E60の場合にはアイドリングが非常に不安定になり今にでもエンストしそうなほど不安定になるようです。またメーターパネル内にエンジン警告灯が点灯しエンジンに不具合があることを教えてくれます。
ある日突然エンストしそうになるほどアイドリングが不安定になるなんて怖いですね。

ホシ君

ビーエム先生

そうならないためにも定期的な点検や些細なことでも変化に気がついたら相談できるショップを見つけておく必要がありますね。

まとめ

エンジンを動かすために必要な重要パーツであるイグニションコイル。エンジンの調子の変化やアイドリングが不安定になった場合には早めに整備工場やディーラーに相談して早めの原因追求と早めの対処をしておくことが大切です。