≪圧倒的高価買取≫BMWのパーツの買取は外車パーツ王へ

先代との違いは?BMW X1の現行モデルを比較しながら解説!

BMW X1はBMWのSUVシリーズの中で最もコンパクトなモデルです。駆け抜ける喜びを目標とするBMWはSUVのことをSAV=スポーツアクティビティビークルと呼んでいます。扱いやすいサイズとオンロードからオフロードまで走破できる性能を持ったコンパクトなSUVがBMW X1です。

初代BMW X1(E84)の鮮烈なデビュー

初代BMW X1(E84)は2010年にデビューしました。コンパクトなSUVでありながらFRを採用するBMWらしさがあるSUVとして登場。サイズを越えた存在感のある表情、BMWの伝統を引き継ぎながらも手が届きやすいモデルとして日本でもヒットしました。
BMW X1は日本の道路でも運転しやすくてちょうどいいサイズです。

ホシ君

ビーエム先生

扱いやすさと使い勝手と走破性を併せ持つからアクティブな生活にはぴったりですね。

FFモデルが追加された2代目BMW X1(F48)

2015年にフルモデルチェンジを行い2代目BMW X1へバトンタッチ。基本コンセプトは変わりませんが、大きなトピックとしてはFFがベースになったこと。賛否両論ありましたが室内スペースが広くなり取り回しがしやすくなったこともあり総合評価は良いようです。
BMWにとってもFFをベースにすることは大きな決断だったのでしょう。

ホシ君

ビーエム先生

FFをベースにしたからといって駆け抜ける喜びが損なわれたわけではありません。

まとめ

2019年1月時点では2代目BMW X1が現行モデルになります。モデルチェンジごとにサイズアップする車種もありますがBMW X1の扱いやすい現行サイズを今後も維持して欲しいポイントですね。