≪圧倒的高価買取≫BMWのパーツの買取は外車パーツ王へ

BMW Z3の幌はこんな故障に注意!その対処法は?

BMW Z3のオープンカーライフの中でソフトトップルーフを開閉することは多々あるはずです。ルーフの開閉をしていれば幌に負担がかかるのは致し方ないことです。ルーフ開閉による幌への負担によって幌の縫い目が解れてきてしまったり幌の切れが発生したりしてしまいます。大きい被害になる前であれば簡単な修理で幌を直すことができます。

BMW Z3の幌の縫い目の解れに注意!

ソフトトップルーフの開閉をしているとソフトトップの縫い目が解れてきてしまうことがあります。丈夫に縫われている幌でもソフトトップルーフの開閉による負荷は大きく、経年劣化とともに解れてきてしまうのです。この幌の縫い目の解れを早く見つけることができれば、少しの修理で修理代も安く済ませることができます。
ここに文オーナーの中には自ら縫って補強するオーナーもいるようです。

ホシ君

ビーエム先生

耐久性を考えて強度の高い糸で縫わないとまた同じ現象になる可能性もあるので専門ショップに相談するのもひとつの手段です。

BMW Z3の幌が切れてしまうことも!

幌の縫い目の解れと同じように、ルーフの開閉による幌への負担と経年劣化によって幌が切れてしまうこともあります。幌が切れたまま放置してしまうと雨漏りをすることも考えられます。幌の切れを早めに見つけて早めに対処することが重要です。
幌が切れてしまうとせっかくのドライブも台無しになってしまいますね。

ホシ君

ビーエム先生

BMW Z3とのドライブを楽しむためにも幌はしっかりとチェックする必要があります。

まとめ

BMW Z3の幌の修理は劣化具合と被害箇所と被害具合によってどのような修理を行うかが変わってきます。軽度の修理であれば低コストで直すことができますが、重症な被害であれば幌自体の交換が必要になる場合もあります。BMW Z3のことや輸入車の特性をよく知っているショップに相談してどのように修理するべきなのかを決めると良いでしょう。