≪圧倒的高価買取≫BMWのパーツの買取は外車パーツ王へ

販売終了から約20年が立つBMW Z3のトラブルを防ぐにはやはりメンテナンスが重要?

BMW Z3は1996年から2002年まで製造販売されていたモデルです。2019年時点でもおおよそ20年前のモデルということになるBMW Z3。20年もの間、交換部品やトラブルが無いクルマなどほとんどないと言って良いでしょう。よって消耗品や交換部品、メカニズムのメンテナンスは欠かすことができないのです。ここではBMW Z3のトラブルが多い箇所とトラブルが起きたときにどうすれば良いのかをまとめました。

BMW Z3のよく起こるトラブル事例とは?

BMW Z3においてトラブルが多い箇所がいくつかあります。「足まわり」、「触媒の詰まり」、「シートのガタつき」、「幌の状態」、「リアスクリーンの劣化や割れ」などが代表的なトラブル事例です。その他タイヤ、エンジンオイルなど定期的な交換が必要な消耗品などがあります。
定期的な消耗品の交換やメンテナンスは必須ですね。

ホシ君

ビーエム先生

メンテナンスを怠ると大きなトラブルにつながるケースもあるので早めの発見と早めのメンテナンスが必要です。

BMW Z3のトラブルを未然に防ぐカギはやはりメンテナンス!

もしもトラブルが起きてしまったり、万が一のトラブルを防止するためにも定期的な点検を心がけましょう。ディーラーでも点検やメンテナンスは行ってくれますが、コストが高くつく可能性が高いです。低コストで親切に対応してくれるショップや工場を探しておくと、いざというときに相談することができます。輸入車を専門に扱っているところや、BMWに詳しいところを見つけておくことをおすすめします。
輸入車に詳しいところやBMWに詳しいところと繋がりを持っておくことは大切ですね。

ホシ君

ビーエム先生

BMW Z3のオーナー同士のコミュニティに入ってみるのも良いでしょう。

まとめ

BMW Z3はしっかりとメンテナンスをしていれば長く乗ることができるモデルです。長く付き合うためにも、定期的に点検を行い交換部品や消耗品はしっかりと交換し、些細なことでも相談できるショップなどを見つけておくことが大切です。