≪圧倒的高価買取≫BMWのパーツの買取は外車パーツ王へ

BMW Z3のリアスクリーンは割れてしまう!?その対処法とは?

BMW Z3のスクリーン(リアスクリーン)はガラス製ではありません。直射日光が当たる駐車場やソフトトップカバーをしていない場合、曇りが生じたり経年劣化によりリアスクリーンが割れてしまうことがあります。後方視界を司るリアスクリーンについて詳しく解説していきます。

BMW Z3のリアスクリーンの劣化とは?

BMW Z3に装着されているリアスクリーンは柔らかい素材でクリアフィルムのようなスクリーンが装着されています。よって長年の使用や日光の影響、天候の影響による劣化は避けられません。リアスクリーンの曇りや経年劣化による固着が進行するとリアスクリーンが割れてしまうことがあります。日頃からリアスクリーンの状態を気にするようにして、曇りはじめたり、割れそうなほど固着してきた場合には早めの交換をするようにしましょう。
割れてから慌てて対処するよりも早めの発見と早めの対策が必要ですね。

ホシ君

ビーエム先生

手で触るとスクリーンの状態がわかりますので日頃からチェックするようにしましょう。

BMW Z3のリアスクリーンの交換はどうすれば良い?

BMW Z3のリアスクリーンはチャックで固定されているため交換は簡単です。交換部品を購入してオーナー自身で交換することも可能です。作業に自信がないのであればディーラーやカーショップに任せると良いでしょう。
後方の視界に直結するリアスクリーンはしっかり取り付けたいですね。

ホシ君

ビーエム先生

スクリーンが歪んだ状態で取り付けられてしまうと視界が悪くなるので慎重に取り付けましょう。

まとめ

BMW Z3スクリーンの劣化(曇りや割れ)は避けることが難しい問題です。出先でのリアスクリーンに関するトラブルを防ぐためにも日頃からリアスクリーンの点検やメンテナンス、曇りや固着が進行してきたら早めの対策をとるようにしましょう。